トップ > 健康> ためしてガッテン 慢性痛@トリガーポイントをペインクリニックで?

ためしてガッテン 慢性痛@トリガーポイントをペインクリニックで?

ためしてガッテンで慢性痛のことをしていました。トリガーポイントはペインクリニックブロックという麻酔注射うつ治療法を病院でやっておく?それとも、慢性痛のあるこりこりのトリガーポイントをみつけて、筋肉をやさしく自分でほぐしてみる?慢性痛の引き金が増産される前に…

NHKのためしてガッテン(3月4日)は、こりこりの慢性痛のことをしていて、肩こり、腰痛で苦しまれている人のための「頑固なコリの真犯人!“慢性痛”徹底対策2」でした。試してみたくなるようなことが、ためしてがってんで放送されていたのではないでしょうか。

ためしてガッテンでは、慢性痛の原因は、身体部分がこっていることがではなく、コリコリになってる(筋肉が異常に興奮した状態)によって、痛みの信号が脳に送られ、そのせいで、身体の構造上はこりはないのに、慢性痛、痛みが生じるとのこと。「過剰に痛みを感じさせる原因になる凝り」のせいで、部位に異常がなくても、慢性痛に。肩こり、腰痛などが生じてしまう。

トリガーポイントをペインクリニックで注射することで、神経の興奮を取り去り、痛みに対処するというのは、鍼(はり)や灸(きゅう)、あん摩と同じ効果・作用だとういう理解をしていても良いというのは、あん摩指圧マッサージ師の人の話し。マッサージやストレッチを自分でするより、やっぱりプロの人にやってもらうと、効き目があるし、らくだし、気持ちいいものです。あとは、お金と時間でしょうか。

ためしてガッテンでは慢性痛にはトリガーポイントをペインクリニックで麻酔注射(トリガーポイントブロック)がいいっていう話しがされていましたが、どんな面でいいのかというと、痛みそのものをとってくれ、また、血行がよくなるのだそうです。
ペインクリニックをトリガーポイントを注射することによって、血行が悪くなっている原因である自律神経が興奮をしているのをしずめてくれるのが、その理由だということです。こわばった筋肉をやらかく。
ためしてガッテンでは、慢性痛をこりこりを解消していくことで、トリガーポイントを、ペインクリニックの麻酔注射や、自分で、コリコリ部分をみつけて、ストレッチすることで、治療できるとういことを教えてくれていました。

ためしてガッテン 慢性痛のこりこりトリガーポイントをペインクリニックで治療するのもいいですし、「ちょっと、こっちにきて」って、呼び寄せて、筋肉をやさしくなでるようにさわってほぐしてもらえる家族がいるのなら、そうしてもらうのも、いいのではないでしょうか。いなかったら、自分か、プロに。別のこりこりをほぐしてもらいに、旦那や彼氏が、夜の街に消えてしまわないように、お母さんや彼女さんは、しっかり目を光らせる必要があるかもしれません。

ためしてガッテンで慢性痛を解消するはずが、さらに腰痛になって帰ってくるかもしれません。気持ちよくなって、肩のこりはなくなってるかもしれません…。トリガーポイントでもないし、自分のものでもない、別のポイントを、吸ったり、もんだり、突き上げたりしないように、男性の方は、悪ふざけには、くれぐれも、お気をつけください…

このためしてガッテン 慢性痛@トリガーポイントをペインクリニックで?についてのカテゴリは健康です。vixでは、このほかにも関連する情報を掲載しています。タイトル(目次)の一覧でしたら、こちらです。  ⇒健康

トラックバックURL

  

このエントリーのトラックバックURL:
http://vix.squares.net/mt/mt-tb.cgi/179

体験・エピソードとか、
教え合ったりとか、
いっぱい情報交換しちゃおう!

このページのトップへ↑

メッセージ・コメント を送る

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)