トップ > 健康> 夢の扉のナノバブル 歯周病の予防から残留農薬除去まで

夢の扉のナノバブル 歯周病の予防から残留農薬除去まで

夢の扉のナノバブルは、歯周病の予防から残留農薬除去まで幅広い技術を持っていると放送されていました。tbsの2月1日の夢の扉では、
オゾンナノバブルによっての歯周病対策研究をしている東京医科歯科大学(東京都文京区湯島1-5-45)や、1時間浸しただけで大きく農薬濃度を落とすという明治大学(神奈川県川崎市多摩区東三田)との残留農薬除去の研究など、
夢の扉のナノバブルで。目に見えない泡で食の安全を守りたいということで、ベンチャー企業のREO研究所の千葉金夫さんが、ドリームメーカーとして。直径1万分の1ミリの世界最小のナノバブルの泡が入った機械を開発して、特許も取得しているそうです。

歯周病治療・予防のナノバブルについても、特許申請をしているということです。ナノバブル水がガンに有効かもしれないっていう報道は、テレビ朝日のニュースステーションで。
ナノバブル 報道ステーション

夢の扉のナノバブルは、歯周病の治療・予防や野菜に残った農薬の除去について、紹介されていました。水洗いだと2割くらいしか、農薬を除去できないけれど、オゾンナノバブルだと、1時間で8割程度除去できるんだそうです。
夢の扉では、オゾンナノバブル水は、カキなどの殺菌作用についてもふれていました。もちろん、歯周病対策にも画期的だということも、ふれていました。世界で初めて
ナノバブルの製造・安定化技術を確立したというのは、2004年ごろにしった方もおられると思いますが、2008年には、テレビ朝日の報道ステーションに、2009年2月には、TBSの「夢の扉~NEXT DOOR~」で紹介された
ナノバブルです。歯周病の予防から残留農薬除去まで、夢の扉で紹介されました。2009年2月8日は、秋山利輝さんの『一流の家具職人を育て、世に送り出したいPart1』です。ドリームメーカーは、ナノバブルのLEO研究所の開発室室長、千葉金夫さんでした。

この夢の扉のナノバブル 歯周病の予防から残留農薬除去までについてのカテゴリは健康です。vixでは、このほかにも関連する情報を掲載しています。タイトル(目次)の一覧でしたら、こちらです。  ⇒健康

トラックバックURL

  

このエントリーのトラックバックURL:
http://vix.squares.net/mt/mt-tb.cgi/156

体験・エピソードとか、
教え合ったりとか、
いっぱい情報交換しちゃおう!

このページのトップへ↑

メッセージ・コメント を送る

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)