トップ > 健康> 報道ステーション ホメオパシー

報道ステーション ホメオパシー

報道ステーションでホメオパシーのことが取り上げらていました。がん難民コーディネーターという藤野邦夫さんを特集していたのですが、そのときに、がん患者の方とともに、訪れた病院が、ホリスティックの帯津三敬病院で、そこで、患者さんの治療として選択したものが、
報道ステーションでやっていたホメオパシー療法でした。もう治療しても助からない、手の施しようがないと見放され、ガン難民になってしまった方たちを、ガン難民コーディネーターとして、最新治療情報に詳しい藤野邦夫さんが、有効な治療法をしてくれるお医者を捜すボランティをしていることのニュースステーションで報道していまいした。そのときに、
報道ステーションでは、ホメオパシーについて肯定的に考え、ガン治療に取り入れている帯津三敬病院の帯津 良一医師のコメントを載せていました。ホメオパシーで月経痛が軽くなったっていうのが、雑誌 日経ヘルスに掲載されていたこともあるのですが、1月22日放送の

報道ステーションでしていたホメオパシー治療において、問題点を指摘される方々がおられます。ご家族の方や、ガンになれれてしまったご本人が勘違いしてはいけないと。
報道ステーションをみて、ホメオパシーが癌に対して有効・効果があると考えて、本来なら、治療を受けて助かるべきところが、選択を誤って命を落としてしまうことがあります。また、今回の
報道ステーションのホメオパシー治療に関しては、終末期の緩和医療として、メンタルヘルスとQOLの向上の面で取り上げるというスタンスにすべきなのではなかったかという声があります。 ちいさいときは、大人に憧れたりするものです。大きくなって、子供のときにはできなかったことをしたくなります。いいことも覚え、悪いことも覚え・・・やがて、家庭を持って、財産をつくり、少年から大人へ、自由の意味も分かり、責任をもって、家族を、会社を支えていき、成長していくのですが、同時に、老いも、病も、自分にふりかかってくるものだと、分かってきます。保険をかけてみたところで、根本的な解決になりません。

報道ステーションのホメオパシー治療が、がん難民コーディネーター藤野邦夫さんが、ホリスティック 帯津クリニックへ訪れたときの癌治療法によって、根本的な解決策になることはないかもしれないのですが、それでも、がん難民として、なったっときに、どうすればいいか、あらためて、考えるときなのかもしれないと…

この報道ステーション ホメオパシーについてのカテゴリは健康です。vixでは、このほかにも関連する情報を掲載しています。タイトル(目次)の一覧でしたら、こちらです。  ⇒健康

トラックバックURL

  

このエントリーのトラックバックURL:
http://vix.squares.net/mt/mt-tb.cgi/151

体験・エピソードとか、
教え合ったりとか、
いっぱい情報交換しちゃおう!

このページのトップへ↑

メッセージ・コメント を送る

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)