トップ > 健康> ナノバブル 報道ステーション

ナノバブル 報道ステーション

ナノバブルが報道ステーションで特集があったそうで、がん細胞が減ったっていう特集が。「癌が!?」 愛知万博で紹介されたそうです。その後、いろいろ取り上げられてて、とうとう
報道ステーションでガン細胞が減ったっていうナノバブルの実験の結果なども東京医科歯科大の教授が公表されていて、この泡のテクノロジーを使って、お腹が痛いなどのクレームが減ったというカキの話しなどもテレビ朝日の報道ステーションにて。あと、このテクノロジーを使った水も発売されていたりもします。
ナーガの雫

報道ステーションが医療分野で取り上たその理由は、
ナノバブルは、癌治療に利用できる可能性があるから。で、ちょっと詳しい人によると、オゾン水に殺菌効果があるのは有名な話なんだそうです。なので、癌が消えるのは常識。当然。当たり前だと。また、
ナノバブル水を使わなくても、淡水魚と海水魚が数ヶ月にわたって共存、タイとコイの共存をする方法もあって、水族館で展示もされているとか。きちんと塩分濃度を調整した食塩水を用意しさえすれば、
ナノバブルを用いなくても、共存できるそうなのです。で、その独立行政法人産業技術研究所と、水処理技術のベンチャーのREO研究所が開発したというテクノロジーじゃなければならない理由っていうのもあるじゃないかなとも思うのですが、そこら辺はどうなんでしょうか、詳しい人…

このナノバブル 報道ステーションについてのカテゴリは健康です。vixでは、このほかにも関連する情報を掲載しています。タイトル(目次)の一覧でしたら、こちらです。  ⇒健康

トラックバックURL

  

このエントリーのトラックバックURL:
http://vix.squares.net/mt/mt-tb.cgi/75

体験・エピソードとか、
教え合ったりとか、
いっぱい情報交換しちゃおう!

このページのトップへ↑

メッセージ・コメント を送る

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)